事業承継の先輩が書く、「承継当時」を振り返る手紙~torii kiyomiさん・古田千賀子さん編~

承継直後の経営者の方には、心身ともに余裕がないというお話を多く耳にしてきました。
そこで、ココトモひろばでは、気持ちを文字にして整理したり、振り返ることで自分の心に寄り添い、
労っていただくことができるのでは、と「手紙」を用いる手法に注目しています。
まずは「ココトモひろば」のアドバイザーとしてご協力をいただいている、torii kiyomi さんと古田千賀子さん
に承継当時のことを振り返りながら、手紙を書いていただきました。

11年後のラブレター-torii kiyomi-

私の夫は11年前にがんで逝去した。がん告知から約2年半、⺟もがん闘病2年でなくなっているので、闘病期間は⻑くもなく、短くもなく逝ったのだと思う。とても⽣命⼒のある⼈だったので私の⼼の中には「この⼈は病に負けないのではないか」との思いがあったような気がする。
2008年3⽉春の暖かい⽇だったと思う・・・

つづき(全⽂)はこちら

承継1年目の千賀子さんへ-古田 千賀子-

古賀千賀⼦さんの⼿紙は
11⽉上旬頃公開予定です

今まさに事業承継したばかりで困っている方も、少し経ってようやく当時のことを振り返ることができるようになった方も、ご参考いただけるように思います。もし今の気持ちを文字にしてみようかなと思ったら、ココトモひろばで同じ立場の方と体験エピソードや気持ちを共有したり、不安や悩みを相談したりしてみませんか。