経営・事業

0906

88歳社長が緊急入院。ご子息様から面会を断られ今後の話ができません

createステンレス さんの投稿
remove_red_eye706 chat_bubble_outline5 schedule2023年7月22日 12:14

会社は2名で成立しており、社長は88歳の叔父。高齢になるにつれ仕事や事務、経理、会社の全般を私が2年前から行っていました。顧問税理士のすすめで、私は5月に取締役に登記も澄ました状態です。

今月7月頭に自宅で社長が倒れ緊急入院しました。
脳梗塞ではなく、転倒の際に頭を打ち蜘蛛膜下出血で
しばらく入院が必要とのことです。
入院から3週間経ちますが、未だ面会ができません。
今後の事が見えないまま、仕事を進める毎日です。
どうかアドバイスを頂けないでしょうか。

①今後の経営について社長と話が出来ない
②入院中の社長の給料は支払うべきか
③取引先に社長が入院中の事を話すべきか

→①面会に行ってる息子さんが「今は刺激したくないから会社の話題は伏せている。理解して欲しい。と言われてしまいました。私が面会に行く事も遠慮して欲しいと。
→②会社に預金がほぼありません。社長が私的な接待が盛んな方なので、会社の預金はほぼ接待費で使っていました。それでも銀行からの借金はなく、社長の預金を借りながら経営していました。年間では黒字なので、売上が多い時に社長にお金を戻す、、、、と言った状態でした。
税理士からは、社長が入院中で社長の預金からはまわせない。会社に預金をつくるしかないので、社長が仕事が出来ないうちは給料出すだけの余裕はない。会社の預金としてとっておくべきでは?と言います。
社長に対して給料(報酬)を払わずにいてもいいのでしょうか。息子さんが医療費の事で呟いていた事が気になってしまい、入院中もどうにか給料をだそうとは
思いましたかまで、、、会社の継続を第一に考えることが必要だと税理士にも言われました。

→③取引先は企業で、昔は社長同士が親い仲でしたが、今は実務は私が任されている事をお客様もご存知です。88歳の社長の行く末は皆さま心配はされていましたが、仕事が確実にまわっているので、仕事の案件は右肩上がりに増えています。
でも、、、社長が入院したと知れたら、今後も同じお付き合いをしてくれるのかが心配になります。
女性が少ない業界なので尚更。
聞ける仲間や知恵を貸して下さる方、売り先も古くからの付き合いなので、今まで通りに確実にやっていけば問題はないのですが、、、。

長くなりましたが、社長と話をさせてもらえないので、不安です。この先私が思う様になんでも決めてしまっていいのかも、、、、

どうかアドバイス等をよろしくお願いいたします

※鉄、非鉄のスクラップ関係の会社です

  •  (0)
  •  (8)
  •  (0)
  •  (4)
  •  (11)

↓コメントの表示順を変更したい方はこちらから

5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)
  • torii kiyomi
    schedule2023年7月24日 18:34
    torii kiyomi さん
    社長が突然入院されとても心細い思いをされていると思います
    少ない情報の中でお返事するのは危険なこともあるかと思いますが
    一つの意見としてお聞きください

    ① ご子息が社長と面会をさせていただけないなら 今後のことに対しご子息がどのようなお考えなのかお聞きしてみてはいかがでしょうか
      会社を続けてほしいのかどうか あるいはご子息が引き継ぎたいのか 
     (会社にとってご子息はどのような立ち位置でしょうか)株主などで意見を言える立場なのか 御社に関連する仕事をしていられるのでしょうか

    ② 社長の給与ですが 支払いを求めるのであれば①の件でもあります社長との今後の話は必要かと思います 
      今後も会社を続けられるのであれば 会社の現状をご子息に伝えて給与の減額なども視野に入れたらいいのでは
      会社の現状に関しては税理士にも同席頂き窮状を理解いただいてはと思います

    ③ 多くの企業で女性の経営者が活躍する時代です。 業界の体質もあるかもしれませんが若い社長の入院ではないので皆さんわかっていただけるのではと思います
      取締役として登記されているのですから 早いうちに事業を引き継いだことをアピールされ取引先の不安を解消されてはいかがですか
      
    すぐに悩みを解決できる解答ではなく申し訳ありません いつでも応援しています

  • oowada mika
    schedule2023年7月25日 09:25
    ステンレスさん
     おはようございます。社長が突然入院され、本当に心細いですね。
     そんな中の経営判断 本当に大変かと思います。
     詳細わからないので、的外れな意見になってしまうかもしれませんが、1つの意見として書かせていただきます。

     鳥居さんも書かれていらっしゃいますが、まずはご子息と現状をお話するのが1番かと思います。
     もし、ご子息が何もかかわっていないのであれば、会社の預金の件等もわからないでしょうし、おそらく休んでいても
     報酬はもらえるものと思っているかもしれません。
     
     そして、社長がご高齢でもあるので、戻ってこられてからも、どう運営するのか
    (社長が会長になって、ステンレスさんが社長になるのかはたまたご子息が参加したいとおっしゃられるのか)等々
     それによっても取引先へのアナウンスが若干変わるのかもしれません。

     すぐ決められることではないですし、ご子息のお気持ちもわかりますし、なかなか大変な状況ですね。
     ステンレスさん 応援しております。頑張って!!
  • furutachikako
    schedule2023年7月25日 18:39
    ステンレスさんとても大変な状況ですね。御力に慣れるかどうかわかりませんが、もしこの状況が私だったらとおもって考えてみました。銀行の借入金が無いのが本当に良かったと思います。自分も取締役なので経営は私の思う様にやってみようと思います。お客様に対しては社長が元気な時と変わらずに・・・。経費的なものは極力抑えて、会社に少しでもお金がプールできるようにしようかと思います。物事をポジィテブに考える私は、「なるようにしかならない」ではなく「なるようになる」の私のすきな言葉を思いながら、毎日を明るく過ごそうと思います。そうすればきっと周りが好転していってくれると思います。
  • 0906
    schedule2023年7月28日 20:43
    ステンレス さん トピック作成者
    torii kiyomi様
    大和田美佳 様
    古田千賀子様

    投稿者のステンレスです。
    この度は初めての投稿にも関わらず、大変ご親切なアドバイスを下さり、誠にありがとうございます。
    心が救われ、何か一筋の兆しの様なものが見え始めた気がします。

    取引関係者には弱みを見せる様で相談する勇気もなく、会社が親戚関係なので適、味方みたいな関係になるのが怖くて、、、
    精神的に追い詰められていました。

    誰にも迷惑かけずに情報が欲しくて、インターネットで「社長 入院 給料 経営 女性 取締役 」等の単語を手当たり次第並べて、何か事例がないか探していました。

    何度も検索して、断片的に知恵を拾っているうちに、ココトモひろばに辿りつきました。

    継ぎたくて準備をしてきた訳じゃない女性のリアルな話を読んでいるうちに、私だけではないんだ、、、と少し勇気が出始めました。

    今が苦しくても、もしかしたら私にもできるかもしれない。と、思い、まず解決すべき問題は何か?をはじめて文字にしました。


    それが、今回の投稿でした。
    (それまでは、業務を回す事、関係会社への夏のご挨拶周りで手一杯で、問題が直視できませんでした)

    藁にも縋る思いで、なりふり構わずに投稿した文章でした。

    それに対して、torii kiyomi様、
    大和田美佳 様、古田千賀子様からアドバイスを頂き、本当に驚きました。

    ① 入院中の社長との面談をよく思われていないご子息に関しては、経営とは無関係の立場です。
    会社の仕事内容自体も、社長が入院し私から初めて聞いた状態です。現在は他企業の部長という立場です。
    将来的には、15年後に退職したら会社を継ごうか、、、、等の話は家族観では出ていたようです。
    その間の経営については、これから考えていこうとした矢先の出来事。

    しかし、顧問税理士に言わせると「親への心配はわかるが、登記されていない者が経営の事は口出しできない。息子さんは関係ない。文字でのやり取りは控えて下さい」と言われました。表現を変えて息子さんにお伝えしたところ、『わかりました」とは言っていましたが。

    ② 社長の給料に関して。アドバイスを参考にして、減給を提案しようと考えています。毎月の事だけでなく
    半期分の売上消費税の支払い等の先の支払いも考えると、出来るだけ預金を残しておかないと借金をしなければならなく
    なります。私の貯金で工面できる可能性はありますが、やはり社長と話をする必要があると改めて関しました。

    ③ 関係会社へのアナウンス。「社長が高齢なことも知った上での取引」が継続されていた事。
    接待の席などでは、私が継ぐと予想している、、、等の話題はでてはいました。
    信頼できる方が1人いらっしゃるので、相談しても大丈夫かも、、、、と、初めて思えてきました。

    大変貴重なアドバイスを頂戴し、道が少しづつ見え始めていました。
    ところが、2日前に急に携帯のLINE通話で社長から私に直接電話がありました!
    「私だけど、元気か?大丈夫か?」と、、、、。元気で明るい社長の声でした。
    次の日も、早朝に電話がありました。「月末の支払いは大丈夫か?」と。
    その事をご子息様に告げると、大変驚いており、昨日社長に会いに行かれた様子。
    その後ご子息様からお電話があり「父の様子もだいぶ変わったようです。しかし悪いお知らせがあります。胃に癌がみつかりました」
    と、、、、、。8月1日に手術が行われるとの事でした。社長はビデオ通話もしてきたので、お顔も思っていたのとは全然違い、
    会社にいた時とさほど変わらない感じでした。
    それなのに、新たな癌との闘いも始まると、、、、。
    でも、社長と会話が出来ることが救いです。整理整頓し始めた経営を、ここでしっかり立て直すことができれば、
    私でもやれる気がしてきました。

    今後もまたご相談させて頂けると幸いです。
    よろしくお願い致します。
  • oowada mika
    schedule2023年8月2日 14:50
    ステンレスさん
     まずは、社長とお話しできてよかったですね。
     しかしながら、ご病気が見つかり、昨日の手術は無事終わったところでしょうか?
     まだ、しばらくは、社長も病気と闘わなければならにと思うので、ステンレスさんが切り盛りをしなきゃいけませんね。
     大変かとは思いますが、相談できる方に相談しながら、前向きに進んでいってください。
     また、ちょっと聞いてほしいなーーーなんてことがあれば、ここともにつぶやいてくださいね。
     あまりお役には立てないかもしれないですが、同じ女性経営者ということで、愚痴でも何でも理解できることが多いかもしれません。

     まだまだ暑い日が続きます。ご自愛ください。
5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)

この話題にコメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。