その他(雑談、気持ち、何でも)

furutachikako

自分への手紙を投稿させて頂いての感想

create古田千賀子 さんの投稿
remove_red_eye260 chat_bubble_outline2 schedule2021年11月9日 19:06

「ココトモひろば」事務局から依頼があり、事業承継時のことを振り返りながら手紙を書いてみました。
https://kokotomohiroba.com/letter01/

「今日は一日がこんなに長い・・」。って感じる日があるのに、会社を引き継いでからの5年がこんなに早いなんてと思っていました。そんな時、今回の「1年目の自分への手紙」のご依頼がありました。日々バタバタと過ごしてきた自分が、ここでちょっと深呼吸できた時間です。
色々激変があった今までの通ってきた道を思い出いだすことができました。何もわからないなかでの事業継承でしたので毎日が初体験の事ばかりです。そんな中でここまで進めてこられたのは私を応援し・励まし・支えてくれた人たちの存在だったことを思い出します。今ここで立ち止まって、深呼吸して「さあ、進もう!」と自分に「激」を入れると同時に、今までの頑張った自分の労をねぎらってあげる事も大切だと実感しました。そんな時間が持てた事に感謝いたします。

  •  (11)
  •  (0)
  •  (7)
  •  (5)
  •  (6)

↓コメントの表示順を変更したい方はこちらから

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • torii kiyomi
    schedule2021年11月10日 10:15
    torii kiyomi さん
    古田さんこんにちは
    お手紙読ませていただきました。古田さんの優しさ 周りの人対する感謝の気持ちがつたわってきました。
    周りの人の支えは本当にありがたいですよね。
    そして一人で決めなければならない辛さ わかります。
    どんなに周りに支えてくれる人がいても 最後には自分で決めなくてはならない。
    小さな事項から 会社の存続にかかわる重要な案件 承継時だけでなく今も 日々です。そしてこれからもですよね。
    古田さんのお手紙のように 深呼吸して 「さあ 進もう」ですね。

  • fb-3274437709311177
    schedule2021年12月5日 11:10
    こんにちは、投稿を拝見しました。
    自分を客観的に見る時間をつくることは大切だということですね。
    私にも1年目に常に励ましてくれていた人がいました。
    当時は、自分は必至だったの何もわかっていなかったのですが、振り返れば、その人の思いやりの深さへの感謝、そして、父への感謝の気持ち(その人は父の友人だったため)しかありません。
    きっと、「1年目の自分への手紙」以外にも、「事業承継を前にした自分」(バトンを受ける側、渡す側)、または、「今の自分」など、何かの節目に自分への手紙を書いて、古田さんがおっしゃるように「頑張った自分の労をねぎらってあげる」のは、きっと大切なことなのですね。
    投稿ありがとうございました。
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)

この話題にコメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。